いいなって思う住宅設備

ガラスの修理

近年のガラス修理屋が扱うガラス商品の中でも導入が増えているのがペアガラスと呼ばれるタイプの商品です。ペアガラスはその名称通り、2枚のガラスを使用した構造になっており、目的に合わせて中空部分に様々な気体や樹脂などが使用されて中間膜を形成しています。 その内の1つである、防犯ガラスは中間層にポリビニルブチラールと呼ばれる樹脂、通称PVBを封入しています。これによって空き巣などの打ち破りに対しても強い耐性を持っています。 また遮熱ガラスといった商品の類もやはりペアガラスとなっています。室内の温度を逃さないように、中間層にガスを封入しており高い気密性を誇っています。 現在のガラス修理屋はこのように、最新のガラス商品を常に提供しています。

子供が遊んでガラスを割ったり、あるいは掃除などの家事中に割ってしまったり、またリフォームでガラスを交換したい、といった場合はガラス修理サービスを利用することになります。その時には失敗をしないための注意したいこともあります。 よくありがちな失敗として、ガラスのサイズを業者に誤って伝えてしまうことです。このようなミスを防ぐために、最初にメジャーなどを準備して正確なガラスのサイズを計測してから、ガラス修理屋に電話をするとスムーズに話が進みます。 またガラスをリフォームで交換する場合は、ガラスの処分費用にも注意が必要です。大型のガラスを何枚も交換すると、そのガラスの処分費用だけでも、数万円と料金が掛かることがあるためです。

オススメリンク

手すりのメリット

高齢者や非介護者が快適に暮らせる住宅にするための設備が、手すりです。大規模な工事が不要な上に、高い効果を発揮します。業者に依頼する際に、介護が目的であれば公的な補助を受けることもできます。